自分がやっているレンタル彼氏について。理由と内容。

こんにちは、夕陽です。

はじめまして。

 

レンタル彼氏って何?

個人でレンタル彼氏をやってるってなんなの?って不思議に思うかもしれないけど、「彼氏も恋愛も面倒くさいけど、それっぽい相手は欲しい」という女の子の需要にこたえる存在。

 

けっこういるよね。

周りの男には興味ないけど、たまには解放されて遊んでみたいとか。

勉強とかバイトで忙しいけど、添い寝してくれる男友達が欲しいとか。

ひたすら愚痴を言っても優しくすべて受け止めてもらいたいとか。

体の友達が欲しいとか。

 

レンタル彼氏をするようになった経緯

そうするようになった経緯は色々あるけど、

1、彼女の喜ぶ顔を見るのが好きで、そのためには頑張りすぎちゃう。

2、尽くしすぎて、彼女にはそれが当たり前になってしまって結果的に恋愛としてうまくいかない

3、長期的な恋愛はうまくいかない

というのが大きな理由。

 

あとは、俺が個人主義で気の向くままに生きているから、ずっと付き合うと疲れるらしい。

 

だから、適度な距離感をもちつつ割り切りながら、女の子を喜ばせることができて、短期(希望があれば長期も)という関係でやっていたのが、いわゆるレンタル彼氏のような立ち位置になったということ。

 

ちなみに、出会い系は結構使ってた時期があるけど、ナンパはしたことはない。

俺の見た目がナンパしそうにないから、そういうところでは需要もないし。

 

出会い系で仲良くなったり、友達からとか、旅先のイベントで意気投合して、ということが多い。

 

レンタル彼氏の内容

レンタルというからには報酬はもらっているんだけど、その都度。内容にもよるし相手にもよる。

遊んだ時間でもらう時もあれば、食事だけでOKだったり、1日分だったり。

おばさまは食事と1日分の謝礼で、女子大生は食事とすこし。OLは食事と時間分。みたいな。

 

俺としては不思議で仕方ないし、むしろ怒りを感じることもあるんだけど、世の中の人は、他人に優しくない。

 

愚痴を言えば説教をするし、

甘えれば冷たい態度をとるし

あと、あれも全然気持ちよくないらしい。

 

俺は、できるだけ他人の幸せな顔が見たい。

優しい言葉をかけてあげたいし、

抱きしめてあげたいし、

気持ちよくしてあげたい。

 

悪口を浴びせて育てた花と、愛の言葉をかけて育てた花の話知ってるかな。

悪口を浴びせたほうは、すぐに萎れて、なんだかどす黒くなって、愛の言葉をかけて育てたほうは、イキイキと美しく咲いたらしい。

 

人間もそうだと思うわけですよ。

 

とは言っても、愛を一生かけることができるのは、親か生涯のパートナーくらいだと思うんです。

 

だから、レンタル彼氏をやって、ひと時でも、ずっと愛してくれる人が見つかるまでの間でも、癒してあげられたらなあ、と思っている。

 

本気で。